「お願いわるいこになって」には多くのキャラクターが登場します。
今日は、「マキノ」「ユズキマル」「リオマル」を担当して頂いた「羽歌那(わかな)様」をご紹介したいと思います。
羽歌那(わかな)様にはココナラのサービスから依頼しました。



 

羽歌那(わかな)様

担当キャラクター:「マキノ」「リオマル」「ユズキマル」

 

開発裏話

「マキノ」は人間+ネコ+可愛い系のキャラクターです。マッチする声優さん探していた時羽歌那(わかな)様の「天使の声」というキャッチフレーズとプロフィール画像が目に留まりました。

可愛い系とはいえ悪役キャラクターなので、「天使」とは真逆でマッチするのは難しいかもしれないというのが第一印象でした。
しかし羽歌那様のボイスサンプルで一変し、羽歌那様しかいないと思い事前相談をしました。※オネワルはゲームの悪役キャラクターということで、必ず事前確認をしていました。

「格闘系など叫び声や声を張るセリフは苦手分野ですので、納得のいく声の提供はできないかもしれない」と説明されたのですが、それでも構わないと思い依頼をお願いしました。
例えサンプルの10%のクオリティであってもマキノとはマッチすると考えたためです。

出来上がった声は、当初の不安を一切感じさせないとても素晴らしい出来でした。
そしてもっと驚いたのはマキノのセリフの一部にお願いしていた態度が豹変するという難しいセリフのところでした。

普段は可愛いのですが「犬」が大嫌いで犬の方が好きということが分かると、とてもとても冷たいキャラクターに豹変する難しい内容で、少しでも怖いと感じてくれるボイスになればいいという軽い気持ちでいました。

納品されたセリフは、真夏から極寒に変わるボイスで「すごい、、、」思わず声を出したのを覚えています。

あまりの完成度で、幼児はマキノを嫌いになるのではないかという不安を感じ、断腸の思いで豹変なしのセリフにリテイクしてもらいました。
しかし、この冷たい声が頭から離れずこの声専用のキャラクターを別で用意するので、後日再度依頼をする旨、羽歌那様にお願いしました。

そして出来上がったのが「ユズキマル」「リオマル」の全然冷たくない子供の忍者キャラクターでした。2~5歳時で幼稚園のプレ~年長さんが喜んでくれればと思いプランを変更して作りました。
歌を歌っているようなリズムで子供の声で且つ2人(男の子/女の子)という内容でしたが、とても可愛らしい完璧なボイスを提供して頂きました。

「マキノ」「ユズキマル」「リオマル」は羽歌那様のお陰で素晴らしいキャラクターとなりました。本当にありがとう御座いました。

 

 

羽歌那(わかな)様から一言

みなさん初めまして!
今回『オネワル』のキャラクターを担当させていただきました、羽歌那(わかな)と申します。
私は、ココナラというサイトで声の活動をしております。
商用・個人観賞用・ゲーム・朗読etcなんでも承りますのでぜひ、機会がございましたらご依頼くださいませ。

『オネワル』ゲーム、親子で楽しく遊んでいただけたらとても嬉しいです♪

羽歌那(わかな)様のココナラページはこちら

 

そのほかのキャラクターについては、随時ご紹介させていただきたいと思います。

 

 


1件のコメント

おねわる キャラクター設定 | Kazuky Lab · 2018年7月3日 8:00 PM

[…] オネワル 声優さん紹介2 羽歌那(わかな)様 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です